芦屋基地滑走路延長事業

    芦屋基地では2018年度から滑走路延伸のための工事が始まっています。
    滑走路は現行の1,640mから1,833mへと北側(海側)に延伸、2024年度末完成予定です。

    先んじて滑走路延長上に建っていたパーゴラが撤去され、新たに防潮柵が建てられました。
    (2019年1月工事開始、2020年7月完成)

    遠賀宗像自転車道のパーゴラ

    遠賀宗像自転車道のパーゴラ
    [2008/06/27 撮影 / OLYMPUS CAMEDIA SP-510UZ]
    在りし日のパーゴラ。

    防潮柵
    [2021/09/28 撮影 / OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZD ED 40-150㎜ F2.8 PRO]

    防潮柵
    [Apple iPhone SE]

    防潮柵
    [OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZD ED 40-150㎜ F2.8 PRO]
    延長410m、高さ8mの防潮柵。

    案内板
    [OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZD ED 40-150㎜ F2.8 PRO]
    傍にはナイスな案内板が設置されています。

    カメラスタンド  カメラスタンド
    [Apple iPhone SE]
    対面にはカメラスタンド。簡易なスマホホルダーも付いています。

    今後の工事は芦屋町の「芦屋基地外周道路等工事のお知らせ」によると
     ・外周道路:2021年7月上旬~2022年6月下旬
     ・浸透池:2021年6月上旬~同年12月下旬
     ・防風保安林の伐採:2021年5月上旬~同年11月下旬
    の予定となっており、引き続いて滑走路の延伸工事が行われるものと思います。

    滑走路延伸の目的ですが以下のようです。
     ・滑走路の短さで救難機U-125Aを燃料フルで離着陸させることができず、運用できる時間が本来より短くなっていることの解消
     ・学生がT-4で操縦訓練をしており、安全を考えると滑走路は長いほうが良い
      (後期課程訓練を行う浜松基地は2,550m)

    U-125Aに対し1,833mあれば十分なのかは分かりませんが、救難・捜索活動の時間が少しでも延びるのは喜ばしいことです。
    C-2が下りるためにも延伸との話も耳にしますが、滑走路自体を改修しないと下りれないとも聞いています。
    芦屋でC-2が見られると嬉しいんですけど…。

    余談ですが、築城基地でも滑走路の改修・延長工事が行われています。
    -関連があるかもしれない記事-
    該当する記事は削除された可能性があります。

    Profile

    Author: kazkaz
    ・夫婦で航空機や車を撮っています
    ・画像はクリックで拡大します
    ・画像の無断使用、加工、再配布等は
     ご遠慮下さい
    ・コメントは拍手ボタンからどうぞ
    ・リンクはご自由に構いません
    ・URL: https://kazkaz04.com/

    Recent Entry

    Monthly Archive

    Keyword Search

    Link

    このブログをリンクに追加する(FC2)

    QR code

    QR